メニュー
イベント
マダムおすすめ
マップ&クーポン
シェフの紹介
レストランの紹介
料理教室
お取り寄せギフト
ケータリングサービス
ブライダル
スタッフ募集

マダムのオススメブログ

マダムのオススメ

今や入手困難!?ボーヤ・ファーム、安西さんの仔羊

昨年フレンチ好きのお客様を魅了した食材の季節がやってまいりました。

ボーヤ・ファーム、安西さんの仔羊「北海道のボーヤ・ファーム、安西さんの仔羊の一皿」の季節です。

今の季節フランス料理人に欠かせない食材が仔羊です。

春でここ一番の一皿を、と言われたらこの食材を選ぶフランス料理人も多いかと思います。

それは羊の月齢でいくと春から初夏に掛けてが旬の食材であることと、また現地で仔羊を言えばブランドモノなら高級食材になること、さらにはより「火入れ」が大切で、料理人の腕の見せ所になるからかもしれません。

なのに日本で仔羊は牛や豚に比べれば一般に食されているものではないので、今までは海外からの輸入に頼っていた食材であったと思います。

フランスから入って来るもので、「プレ・サレ」と言ってノルマンディ産のものありますが「超」が付くほどの高級食材であり、そのフランス産の仔羊も入荷されたりされなかったりと不安定な食材でありました。

それが近年、国産の素晴らしい仔羊が登場して来たのです。

北海道産の仔羊の登場です。

シェフはその中の1つ、ボーヤ・ファームの安西さんが飼育する仔羊をとある友人のシェフからご紹介されました。

ボーヤ・ファーム、安西さんの仔羊素晴らしい食材とは、シェフ達の口コミで広がってゆきますが、このボーヤ・ファームの仔羊も今やフランス料理人達の中で人気急上昇の食材であり、今年は既に入手困難とまで言われるようになってまいりました。

こちらの仔羊は特別な飼育を施しているため仔羊特有の強い香りが無く、新鮮ですので内臓まで使うことが出来ます。

トレフでは骨付きで半頭買いし、その都度捌いておりますので良い熟成状態で調理することが出来、また心臓やレバーなどを使った様々な料理を作ることが出来ます。

正にシェフの腕を万全に披露出来る仔羊なのです。

シェフはこのボーヤ・ファームの仔羊の素晴らしさを知って頂く為に、一皿に違った部位を盛りつけ、お客様にその部位の違いを比較しご堪能頂けるようにさせて頂いております。

ボーヤ・ファーム、安西さんの仔羊私はこの度ボーヤ・ファームの仔羊に出会い、一口その仔羊の肉を味見させて頂いた時、「日本人のモノ作りは何と素晴らしいことか。」と感動すら覚えました。

シェフ曰く、「昔はズッキーニも無くてキュウリを使っていた。」時代から今や国産の素晴らしい仔羊までも作ってしまうのです。

そしてそのこだわりのモノ作りを消費者のお客様にお伝えするのも料理人であり、彼らがきちんとした技術を持って美味しく調理すること無くしては、お客様に美味しさは伝わらないことを実感しました。

今回の「仔羊の様々な部位を盛り合わせた一皿」は安西さんの羊に対する熱意が無ければ作れなかった一皿です。

お客様の皆様には食材の作り手のこだわりと、それを調理する人のこだわりの2つを五感を持って味わって頂ければと思います。

安西さんの仔羊ご希望の場合はご予約時にお知らせ下さい。

ご来店をお待ち致しております。

ボーヤ・ファーム、安西さんの仔羊

 

マダム 宮本 実香

<前   次>/p>