メニュー
イベント
マダムおすすめ
マップ&クーポン
シェフの紹介
レストランの紹介
料理教室
お取り寄せギフト
ケータリングサービス
ブライダル
スタッフ募集

マダムのオススメブログ

シェフのスペシャリテの季節

今の季節トレフではシェフのスペシャリテのメニューが豊富です。

フレンチというと秋や冬といったお料理がイメージされがちですが、トレフではお客様からのご要望が多いシェフのスペシャリテのメニューが揃うのは今の季節です。

何度もこのマダムのオススメで登場している、「江戸前穴子とフォアグラの一皿」 はその代表的な一皿ですが、このお料理、通年お出しすることも出来るのですが、脂が一番のった梅雨穴子を使うのがこの料理のソースやフォアグラにはピッタリです。

この他、「ドンブ産、グルヌイユ(蛙)の足のソテー」 や、今ではすっかり有名になってしまった豚肉、「ハンガリーの食べる国宝、マンガリッツァ豚のグリエ」 も非常にお客様からのご要望が多く、シェフのスペシャリテへと昇格したお料理です。

マンガリッツァ豚の今年の料理は、「薔薇の香りのソースとともに。」 として新しく登場しています。

そして今、最もお客様から、「美味しかった。」 の御言葉を頂いているお料理があります。

それがコレ。

「フォアグラのソテーを入れたゴボウのスープ、白バルサミコのソースと夏トリュフの香りを添えて」 です。

シェフ宮本が目指している料理に、「完成された一皿であること。」 がありますが、この「完成された」 とは、一皿の中の食材を個々に分解して調理状態や味を吟味するだけではなく、個々の食材全てが引き合いながら一皿として完成されているかどうか。という意味があります。

ですからお客様から、「このゴボウのスープにフォアグラが合う。」 とか、「白バルサミコのソースが合う。」 とかと言うお言葉で、お客様が全体を通して一皿の料理を楽しんで頂けているということは大変嬉しく思います。

この、「ゴボウのスープ」 この他にも、「香りが良い。」 といお言葉も頂けますが、「香るフランス料理」 を掲げているシェフにとっては最良のお褒め言葉となっていることでしょう。

「シェフのスペシャリテはお客様に決めて頂く料理」 と思っている私達にとって新しいメニューのこのゴボウのスープ、何か予感がして来ています。

お客様に評価して頂いてのシェフのスペシャリテの誕生です。是非とも多くのお客様にご賞味頂ければと思っております。

また、7月〜8月は、「ブイヤベースコース」 を開催致します。毎年恒例になりました、トレフ夏の風物詩メニューです。

こちらのコースも併せてお楽しみ下さい。

トレフの夏は厨房も「暑さ」にめげずに「熱く」賑わっています。(笑)

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

<前   次>