メニュー
イベント
マダムおすすめ
マップ&クーポン
シェフの紹介
レストランの紹介
料理教室
お取り寄せギフト
ケータリングサービス
ブライダル
スタッフ募集

マダムのおすすめ

トレフ美食倶楽部晩餐会開催のお知らせ

当店のロゴマーク 3fff はフランス修行を終えたシェフが最後に辿り着いたイタリア、ミラノを本拠地とする、その名も 「3fff トレフ」という美食クラブのロゴです。

フランスの三ツ星、ジョルジュ・ブランでソーシエ(ソース担当)として働いていた時、そのオーベルジュに宿泊していた、イタリア人のビアンコ氏に腕を見込まれ、彼がオーナーを務める美食クラブのシェフとしてイタリアに渡りました。(何でもプール付きのお城に住めると聞いて、すぐ決心したようです。)

3fff の意味はfortississimo(フォルティシシモ)。強い (Fはフォルテ )が3つです。ビアンコ氏が「強いが3つ重なると、絶対に負けない。と」名づけたのです。

オーナーのビアンコさんの突然の死により、本家の3fffは解散となりましたが、美食家達が集う場所を日本で作ることをマダムビアンコと約束しました。

その時、マダムに自分の料理が自分らしく完成された時、3fff のロゴを使わせて頂くことを了解して頂き、シェフは帰国の途に着きました。

帰国後は、フランスで学んだ技法で主に日本の食材と格闘し、1つでも多くの自分の作品を作り出したいと燃えておりました。

そんな頃、オーナーシェフとして最初に始めたレストランの名は 「クリニァンクール」。

それはパリにある蚤の市の名前ですが、様々な国の食材で、フランス料理をベースとした自由自在な料理が、蚤の市のように溢れているレストランをイメージし、最初はこの名前のレストランから始めました。

そして、40歳を目前にし、自分の進むべき料理の方向性が見え始めた時、レストランの移転とともに3fff Miyamoto としました。

この春でレストラン、トレフミヤモトを始めて9年目になりますが、シェフの気持ちの中にはいつも美食晩餐会への思いがありました。

そしてついに、この度、念願でしたトレフ美食倶楽部晩餐会を開催させて頂きます。

この晩餐会の復活はシェフの腕を心より信頼して下さった、亡きビアンコさんとの約束であり、またシェフ自身がずっと願って来た料理人生の念願でもありました。

記念すべき初回のメニューを考える時、シェフの料理理念である、「古典と独創」 を突き詰めると、やはりそこにはエスコフェの料理を考えずにはいられません。

エスコフェの著書である「Le Guide Culinaire」はシェフが10代の時、なけなしのお金をはたいて購入した本ですが、現在においても時折読み返すほどのバイブルであります。

今回エスコフェの古典料理を再度読み返し、シェフなりの表現でエスコフェの料理の再構築に挑戦してみたいと思います。

皆様のトレフ美食倶楽部へのご参加を是非お待ち致しております。

トレフ美食倶楽部晩餐会


日時 :     4月25日 (土)
時間 :     19:00 開宴
コース料金 :  18000円(お料理のみ、税、サーヴィス料別)

 

ご予約はお電話にて受け付けております。
トレフミヤモト 03-5772-7755


メニュー

セイヴォリイ(お食事前の1口パイ)

フォアグラと鶏胸肉のアンブロワジー

スッポンのコンソメドゥーブル

舌平目のノルマンディ風

お口直し

エスコフェの牛ヒレ肉の1皿

ピーチメルバ宮本風

コーヒーとお茶菓子

 

ワイン

限定でグラスにてご用意致します。

02 Clos Vougeot Grand Cru (ch de la Four Vougeot)
クロブージョ・グランクリュ

02 Pavillon Rouge Ch Margaux
パヴィオン・ルージュ・シャトーマルゴー

05 Corton Charlemagne
コルトン・シャルルマーニュ

*その他当日、当店秘蔵の古酒(1961年もの)もお出しする予定です。
(銘柄は当日のサプライズです)

<前   次>