メニュー
イベント
マダムおすすめ
マップ&クーポン
シェフの紹介
レストランの紹介
料理教室
お取り寄せギフト
ケータリングサービス
ブライダル
スタッフ募集

マダムのオススメブログ

医食同源のキュイジーヌ・マンスールメニュー開始のお知らせ

シェフは今年の初め昨年に痛めたアキレス腱を再度手術し、この春までに3ヶ月間入院しておりました。

その間、ご予約の際シェフ不在の件をお伝えしたのにも関わらず、多くのお客様にご来店頂きましたことを心より感謝いたしますとともに、また多くのお客様から私にまでもお優しいお言葉やお手紙を頂戴いたしましたことを大変感謝いたしております。ありがとうございました。

シェフは今、週に数回の通院でのリハビリはしているものの、ほぼ完全に近い状態でキッチンに復帰いたしました。

そして入院中に考案した、キュイジーヌ・マンスールという料理を持って帰ってまいりました。

人は怪我や病気で入院するといろいろなことを考えるのでしょう。シェフ自身も今回の怪我での入院をネガティブに考えるのではなくポジティブにとらえながらも悩んでいました。

「あなたのコック人生でやり残している料理はないの?」という質問に 「キュイジーヌ・マンスールかな・・・。」と即答したのもきっと既に自問自答していたことだったのでしょう。

「キィジーヌ・マンスール?」 

それは、フランス修行時代、三ツ星レストラン、ミッシェルゲラールで出逢った料理。

マンスールのマンス、Manceは削るという意味。単なるダイエット料理とは違い、フランス料理の調理理論に基づき体内を浄化、デトックスしていくのを目的とし、医療と結びついた料理のこと。

それをシェフは今の時代にあったミヤモト、オリジナルのスタイルに仕上げるというのが彼のキュイジーヌ・マンスールなのです。

すぐに、既にお世話になっていたリハビリのトレーナーの先生のはからいで、糖尿病科の専門医の先生にお話させて頂き、入院期間中に成人病疾患の患者さんと一緒に、先生や管理栄養士さん、また薬剤師さんの講義に出席させて頂くことがだきました。

シェフ自身も医学書や栄養に関する本を読んでいましたが、もともと身体を鍛えることが大好きで、運動と体内の働きなど興味ある題材をさらに深く知ることでしたから、マンスールを研究することには熱が入っていきました。

一方、厨房では新しい食材や調味料業者に連絡が入り、サンプル食材が次々に届けられ、試作作業が行われ、こうしてシェフの頭の中にはマンスールメニューの形が次第に出来上がってきたのです。

そして退院する頃に出来上がった料理は、シェフが20年前にフランスで出逢ったものより進化した医療と結びつき、新しい食材、調味料を使用し、日本人のメタボ患者に合ったものであり、何よりも大切なのは、そのベースはミヤモト本来の料理スタイルを崩すことない料理として仕上がりました。

今後、今までのキュイジーヌ・グルマンはもちろん突き詰めてまいりますが、一昨年前から続いていた医療関係の方々とのお付き合いの仲から、シェフ自身が今後の人生に自分の課せられた役目としてフランス料理で社会に貢献したいという気持で、このマンスールメニューが誕生いたしました。

今回のマンスールメニューの作成にあたり、医療関係の多くの方々にご指導頂きましたことを御礼申し上げます。

入院中お世話になりました、北里研究所病院の整形外科の竹島先生を始めとした多くの先生方、スタッフの皆様、今もまだお世話になっている渡辺トレーナーには心から感謝いたします。

また富岡産婦人科医院の副院長富岡先生におきましては、2年間のもの間、病院のキッチンで妊婦さんの食事のプロデュースをさせて頂き、お忙しい中、成人病と妊娠合併症のお話などご指導頂きましたことにも大変感謝いたします。

このマンスルールメニューは今後も完成することなく、進化するメニューとしてさらに研究していかなくてはならないと思っております。

お客様は是非、このマンスールメニューをご賞味頂き、美味しくて、なお身体にも良いフランス料理をお召し上がりになることでリラックスして頂き、心身ともに健康になって頂ければと思っております。

マンスールメニューは特別メニューにつき完全予約制ですが、ご予約の際には、成人病疾患や体調に何か少しでも問題のあるお客様はお気軽にお伝え下さい。

<前   次>